離婚後300日規定

これから私が離婚に関するあらゆる知識とノウハウをあなたにお伝え致しますが、まずはその前に私と一緒に離婚問題に真剣に向き合って幸せを勝ち取った”離婚の先輩達”をご紹介したいと思います。

※頂いたお手紙を掲載させて頂きますが、離婚問題はデリケートな問題の為、
お名前など個人を特定できる内容は伏せさせて頂きます。

A・Kさん


画像クリックで拡大

池内ひろ美先生へ
以前、離婚の学校を受講させて頂きました。
その後、私は離婚して今は再婚してとても幸せです。

今の夫と再婚してからは4年になります。前に池内先生は「再婚はいいですよ。今とてもラブラブです。」と 仰ってて、(そんなことって、あるのかなー・・・)と、自分にはピンと来るものがありませんでした。

(結婚なんて、男なんてこんなものかな・・・)と自分を殺さなくて、心底良かったと思います。私がそのように 生きると、子どもも死んだように生きるようになってしまったのではないかと思います。

離婚する時、私は嬉しくて嬉しくて涙が止まりませんでした。いざ離婚となると「やっぱり別れたくない、辛い」と 泣くのではと心配していたのですが、まさか嬉し泣きするとは思いませんでした。私はこんなにもこの人との結婚、 嫌だったのかと驚いて、自分が可哀想になってしまいよく今まで我慢したなぁと思いました。

離婚して、再婚して私はとても自分の心が柔らかくなって、いろんなことを感じるようになったと思います。
自分の感性を信じられるようになったと思います。

※中略

やっぱり人間に生まれて一番幸せなのは人を好きになって人を信じることだと思います。
それがなかったら、人は前に進めないし、生きていけないと思います。今の自分があることを、池内先生に感謝して 私の作品を贈らせて頂きました。
どうぞお元気で益々ご活躍されて下さい。

————————————————————————————

T・Yさん


画像クリックで拡大

池内ひろ美様
突然のLetter失礼致します。
昨年7月に先生の御相談を受けた、●●●●と申します。
その合、●●弁護士を紹介して頂き、現在離婚調停中で年を越してしまいました。
池内先生そして●●弁護士と出会い、率直なご意見、助言を頂きながら、これまで 頑張ってこれました。とても感謝しています。
まだまだ時間はかかりそうですが、私にとって何が1番大切なのかが分かってきました。
\、プライド、憎しみ、頭の中をかけめぐっていましたが、やはり時間がたち2人の血を分けた 2人の娘が貴重な財産であることを・・・。

調停はかなりの精神力がいることをこの身をもって今、体験中でありますが、子供達にとって よい方向に進むよう願っている次第であります。
3年前より池内先生のHPを見ていた私ではありますが、今、離婚を決意して心から良かったと思っています。
例え別れられなく、別居状態になったとしても、自分自身、今ふっきれて 池内先生の事務所を訪問させて頂いて本当に良かったと・・・。
「悲劇のヒロインぶってメソメソしているようなら離婚なんてやめなさい!!」と強く言われた先生の お言葉が忘れられません。
自分は何かに甘えていたんだと気付かされました。いろいろ辛い経験をされた池内先生だからこそ、 そう言えたのだと今頃になって思います。また機会がありましたらお会いしたいです。
こういう機会が日本では少なすぎる、カウンセリング、離婚に関しての・・。本当に今回実感致しました。 先生どうか頑張って下さい。

私は今、看護士としての仕事しか能がない人間ですが、離婚により、心理的、身体的苦痛をサポートされてる 先生は、本当に貴重な存在だと感じております。
忙しい毎日かとは思いますが、どうかお体を大切になさって、頑張って下さい。
感謝をこめて・・・・・

————————————————————————————

F・Yさん


画像クリックで拡大

池内ひろ美 様

前略 大変ご無沙汰しておりますが、いかがお過ごしですか。
昨年7月10日初めて相談に伺いました●●●●●です。

その節は大変お世話になりました。
10月30日相談の際、●●弁護士を紹介していただき今年3月11日に正式離婚し連帯保証人の差し替えを9月に 終える事ができました。
時間はかかりましたが、やっとスッキリした気持ちで前へ進んでいけそうです。

3月末に●●の実家へ引越し息子も新しい学校へ元気に行っております。
色々、心配しましたが担任の先生のお友達にも恵まれ卓球に駅伝の練習と・・・とがんばっています。
私は仕事を捜している所です。
今週末には面接の結果が出る予定です。
先生もお忙しいとは思いますが、どうぞお体に気をつけてお過ごしください。又、何かの節は相談に伺わせていただきたいと 思っています。
先生にアドバイスをしていただいて、今この時を穏やかにいられる事を心から感謝しております。本当にありがとうございました。
増々のご活躍をお祈りしております。

いかがでしょうか?

このように喜びの声を下さった彼女達は、私が教える方法を実践し、
しっかりと幸せを取り戻すことが出来ています。

彼女達はいったいどのような方法で幸せを取り戻したのでしょうか?

>>続きを読む




無戸籍女子高生は離婚後300日規定の犠牲者: まるこ姫の独り言
今、話題になっている離婚後300日規定が、この女子高生のすべてのネックになっている。 最近は多少とも、見直そうとする考えの人も増えては来ているが、 まだまだ女性を男性より下に見ているから、大昔の法律が堂々とまかり通っているのだ。 …
離婚後300日規定:300日内に出生 前夫の子、半数以下??毎日 …
離婚後300日規定:300日内に出生 前夫の子、半数以下??毎日新聞調査 ■ことば ◇離婚後300日規定 「離婚後300日以内に誕生した子は前夫の子」と推定する民法の規定。父親を早期に定めて子供の立場を守る狙いがある。前夫以外を親とするため …
離婚後300日規定による無戸籍児の母親達が認知調停申し立て 己の巻いた …
離婚後300日規定による無戸籍児の母親たちが1日、子供を「現夫の子」として戸籍に記載するため、現夫に「自分の子」と認めてもらう「認知調停」を神戸家裁などに申し立てた。規定の「前夫の子」を覆す調停で、手続きには前夫が加わらない。 …
又もや離婚後300日規定問題: 世相
又もや離婚後300日規定問題. 300日問題は、先の国会で議論が活発化した。法務省は離婚後の妊娠であれば、現在の夫の子と認める通達を出したが、事例の9割を占める離婚前妊娠についても救済対象とする特例新法案は国会に提出目前だったものの、自民党の一 …
民法の「離婚後300日規定」にメスを! 「和して同ぜず」「主体変容 …
(Powered by BIGLOBEウェブリブログ) 最近世間を騒がせている「民法の離婚後300日規定」問題。 離婚後300日以内に出産した子を前夫の子と推定する民法の規定が足枷となって、 子供が無戸籍になってしまうことが問題視されています。
300日規定控訴審: 高梁川日記
離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する民法の規定により、出生届を不受理としたのは違法として、岡山県の女性が子を原告として国と同県総社市に330万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁岡山支部(山嵜和信裁判長)は3日、請求 …
Because It's There 離婚後300日問題:離婚後300日規定で無戸籍 …
離婚後300日規定により親の出生届が受理されずに無戸籍となった兵庫県内の女性(27)が妊娠し、6月中旬に出産する予定であることが分かった。戸籍法は、出生届に母親の本籍地記載を義務付けている。地元自治体も「現状では出生届は受理できない」 …
離婚後300日規定、女性の再婚禁止期間規定が改正へ – 司法書士内藤 …
会社法及び商業登記に関する話題を中心に、消費者問題、司法書士、京都に関する話題等々を取り上げています。
300日規定 出生届受け付ける – 午後のひととき
書類提出後、女性は 「ようやく出生届を提出できて安心した。 ただ、離婚前妊娠の人は、現夫の子とするために裁判が必要な状況は変わらない。」 と述べ、離婚後300日規定の対象ケースの9割を占めるとされる離婚前妊娠の救済にも期待を込めた。 …
一人社長のための 旅費規定活用マニュアル
大雪の影響で、福島県内の国道で、大型トラックなど少なくとも300台の車が、 丸1日以上動けない状態が続きました。国道事務所は「想定以上の雪が降るなかで、 チェーンを着けない車が多かったために立往生する状況になった」と話しています。 …
300日規定―拭えぬ疑問 – 酔っ払いのうわごと
ただ、離婚前に新たなパートナーの子供を妊娠した女性に対し好ましくない印象を受ける人もいるのは事実だ。提言シリーズ「離婚後300日規定 こう考える」(5月4日朝刊社会面、東京本社版)では、離婚カウンセラーの岡野あつこさんの「(離婚前妊娠 …
離婚後300日規定:賠償訴訟 控訴棄却、原告が司法に不満 /岡山
民法の「離婚後300日規定」は違憲として総社市の両親が国と市に賠償を求めた訴えが広島高裁岡山支部で棄却されたことを受け、原告の弁護士は3日、北区内で会見した。無戸籍の子を持つ親も参加し、踏み込んだ判断を示さなかった司法に不満を漏らした。 …
方領大根尽くしとガッテン流ブリの照り焼き/離婚後300日規定 …
民法の離婚後300日規定は違憲として、岡山県総社市の両親が出生届を不受理にした市を相手に4日に提訴する方針を固めていたことについて、原告弁護団は同日、提訴を延期すると発表した。片岡聡一市長が2日、「出生届が受理できるよう法相に陳情 …
【話題】 "300日規定" 爆笑問題・田中、離婚した妻が妊娠した「他の …
この300日規定について 以前テレビで『国際的に非常識で時代遅れの規定、法改正すべき』と言ってたんで調べてみたら欧米はじめほとんどの国で 離婚後300日から200日ぐらいの 同様の規定があって吹いた(w テレビであれだけ『明治の男女差別の価値 …
未定なブログ "300日規定" 爆笑問題・田中、離婚した妻が妊娠した …
お笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二(45)と昨年10月に離婚した元妻(36)が出産間近であると、18日発売の「女性セブン」が報じた。 同誌によると、元妻は臨月を迎えているという。田中との間に出来た子供ではないが、民法では離婚後300日以内 …
300日規定で無戸籍の女性が出産 – 駄犬日誌
離婚後300日規定により親の出生届が受理されずに無戸籍となった兵庫県内の女性(27)が妊娠し、. 6月中旬に出産する予定であることが分かった。戸籍法は、出生届に母親の本籍地記載を義務付けている。 …
草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN 現行の法律では解決できない300日規定問題 …
いわゆる離婚後300日規定問題とは、民法772条にある離婚後30日以内に生まれた子を一律に「前夫の子」と見なす「嫡出推定」を規定しているために、実際には別の男性や再婚後の夫の子として戸籍に記載されることとなっている。 …
10月14日の勉強内容 300日と200日 – あまりるの学習日記
さて、民法の300日規定に関してはどうも心穏やかではなくなるあまりるです。 それはさておき。 脳のリフレッシュのため4キロばかり走っているときにふと疑問がわきました。 なにゆえ、300日と200日なのか. 民法772条(嫡出の推定) … 場合によっては 離婚後300日以内の出産も争いのたねを引き起こしそうです。 子どもにとってややこしいことになるからお互いの身辺がクリアになってからのほうがいいと思うのですけどねぇ?。大人の恋だの愛だのという権利も大事ですが、子どもはそれよりも優先すべき …
<300日規定>無戸籍女性の子 戸籍作成 – ジョージィのおとなりさんたち
戸籍が作られたのは、兵庫県の27歳の女性が先月29日に出産した男の子です。 ◆ 女性は、母親の離婚後300日以内に生まれたため、民法の規定が原因で戸籍がないまま成人しており、出産した男の子とともに親子2代にわたって戸籍がない異例の事態に …
反戦な家づくり 赤ちゃんポスト・300日規定・松坂報道・放送法
二つ目は、離婚後300日以内の出産は前夫の子 について。 これこそ、まったくもって自己責任ではないか。前夫も、妊婦も、新夫も、三者が同意しているのならば、それでいいではないか。 その三者がもめたときだけ、裁判や医学的な判定で決着をつければ …
爆笑問題の田中の元嫁が離婚後300日以内に出産←法律上田中の子 …
18日発売の「女性セブン」が報じた。 同誌によると、元妻は臨月を迎えているという。田中との間に出来た子供ではないが、民法では離婚後300日以内に生まれた子は「前夫の子」とみなすため、生まれてくる子供は法律上、田中の子供になる。 …. ともかく 、300日規定を不貞女性への懲罰的な物として使えると、維持するべきとか言ってるバカどもは少しはこういう事態を想像した方がいい。 本来あるべきは正しい親子関係の認定とその義務・権利関係の適切化だ。 300日規定は鑑定技術が無かった頃の、母子が経済 …
民法七七二条問題 – 元気が出るブログ – Yahoo!ブログ
いまの民法では、離婚後300日以内に生まれた子は婚姻中に妊娠したものと推定され(七七二条二項)、さらに、婚姻中に妻が妊娠した子は夫の子と推定されます。 この結果、離婚後300日以内に生まれた子は離婚前の夫の子と強く推定されます。 この規定 …
民法七七二条を巡る愚考: 極東ブログ
先日、民法七七二条の離婚後三百日以内に生まれた子の扱いを理由に、新しい夫の子として戸籍登録ができない乳児に対し、足立区が特例で住民票を作成したというニュースがあった。例えば、”「300日規定」で戸籍ない乳児に住民票 足立区が特例”(参照) …
民法772条:解釈ミスで地検起訴 飯大蔵の言いたい事/ウェブリブログ
「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」とする民法772条の規定通り、離婚5カ月後に生まれた男児を「前夫の子」として出生を届け出た中国籍の女性(28)が、大阪地検から虚偽を届けたとして公正証書原本不実記載・同行使罪で起訴されていた …
2ちゃん生活! 法律上、離婚後300日以内の子はアンタの子になる
でも、離婚してまもなく、元奥さんは浮気相手の男性との子を妊娠。 (同僚と元奥さんはずっとセックスレスだったから、間違いなく、同僚の子ではない。) なのに元奥さんは、法律上、離婚後300日以内の子はアンタの子になるから養育費を請求するし、 …
議員提出議案第8号選択的夫婦別姓制度の法制化に反対する意見書: おく …
支持した有権者への大変な裏切りであり、政府は一日も早く提出すべきです。 今年1月に参議院に提出された民法の差別的規定の廃止・民法改正に関する請願趣旨を以下紹介します。『夫婦別姓での婚姻が認められないため、望まぬ改姓や事実婚や通称使用など … 法制審議会は1996年に選択的夫婦別姓の導入などを含む民法改正要綱を答申しており、女性16歳・男性18歳という婚姻最低年齢の差異や女性にのみ再婚禁止期間があるという男女差別の解消、婚外子の相続差別の廃止、離婚後300日以内の出生子を前夫 …
離婚後300日規定について
にもかかわらず、不合理な「離婚後300日規定」が民法に定められ、「現夫の子」に「前夫の子」を強要していて、本来「現夫の子」であるのに、「現夫の子」とするには、手続きに「前夫」の協力が不可欠で、離婚した状態で協力を得るのも難しいというような …
離婚後300日規定と姦通への法的制裁
産経新聞など一部は、福田政権の誕生に伴い、離婚後300日規定をめぐる問題に対す'リベラル'の側からの攻勢が強まることを懸念している。 福田政権後の国会の内外での与野党の攻防の中で、果たしてそうした問題が俎上に上るだけの余裕があるのかどうか疑問 …
離婚後300日問題 – ゆーいちろー
離婚後300日問題をご存知ですか? > > ><300日問題とは?> >抽象的に言えば民法772条により離婚後300日以内に生まれた子は前の夫の子と推定されること(嫡出推定)、あるいはそこから生じる問題をいいます。 >この規定に阻まれ、再婚した夫の戸籍に我が …
[法律] 300日規定 「出生届不受理は違憲」 岡山の女性、損賠提訴 …
300日規定をめぐっては、無戸籍となった子を救済するため、法務省が平成19年5月、離婚後の妊娠を証明すれば300日以内の出産でも現夫の子などとして出生届を受理するよう通達。女性の弁護士によると、この通達をめぐる違憲提訴は初めて。 …
離婚後300日規定(民法772条)の問題
実際は…もっと多いと思われます。 →<離婚後300日規定>無戸籍児は227人 厚労省が初調査 →離婚後300日規定 (嫡出の推定) 第七百七十二条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。 2 婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の …
民法の離婚後300日規定 違憲訴訟提訴へ
新聞報道によれば、民法の離婚後300日規定は「法の下の平等」を定めた憲法に違反するとして、岡山県女性が4日にも、この規定を理由に11月に出産した女児の出生届を不受理にした同県内の市を相手に、女児を原告として330万円の賠償請求訴訟を起こす、よう …
離婚後300日規定・・・その後
離婚後300日規定に伴う無戸籍の子供が昨年6月時点で、全国に少なくとも227人いたことが厚生労働省の調査で分かったようですね。 全自治体対象の無戸籍児への児童手当の支給状況調査での数字なんだそうです。 支給対象児が小学校卒業までだったり、親の …
離婚後300日規定 救済制度、届け出200件超す
救済制度は、離婚後妊娠を示す医師の証明書添付で5月21日から受け付けているが、 法務省によると、8月24日現在208件の届けがあった(178件受理、7件不受理、残りは 審査中)。 同省は、300日規定に該当するケースは年間約3000件で、うち離婚後妊娠は約1割 …
【社会】離婚後300日規定の「救済制度」届け出200件超す
救済制度は、離婚後妊娠を示す医師の証明書添付で 5月21日から受け付けているが、法務省によると、8月24日現在208件の 届けがあった(178件受理、7件不受理、残りは審査中)。 同省は、300日規定に該当するケースは年間約3000件で、うち …
離婚後300日規定
離婚後の300日規定の記事です。 まだまだ先行きは暗いな~って感じでしょうか。 でも、こうした議論をドンドンやってほしいと思うよね。 議論されなくなったら終わりでしょ。 議論がある間は、前進する可能性が高いんだからね。 女性の離婚後、三百日以内 …
5/4 離婚後300日規定! 子どもの幸せ最優先に!
民法は、離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」とみなす。 明治時代にできたこの規定は、医療が進歩し家族のあり方が変わったいまの時代に合わない。 離婚後に生まれた子どもの父親を定める「300日規定」は、 明治時代にできた民法の内容をそのまま …
離婚後300日規定:無戸籍児は227人 厚労省が初調査
離婚後300日規定に伴う無戸籍の子供が昨年6月時点で、全国に少なくとも227人いたことが厚生労働省の調査で分かった。全自治体対象の無戸籍児への児童手当の支給状況調査で判明した。支給対象児が小学校卒業までだったり、親の所得が一定以下などの制約が …
民主党が民法772条「嫡出推定」規定の改悪案 – 夫婦別姓論7つのウソ
妊娠時に結婚生活が破綻(はたん)していた場合、離婚前の夫の子とみなす規定の例外とすることが柱。研究会は今後各党に協力を求め、国会提出、成立を目指す。 民法は、女性の離婚後300日以内の子は前夫の子と推定。早産の場合はその例外とする一方、妊娠 …
「300日規定」を違憲として提訴
民法の離婚後300日規定は「法の下の平等」を定めた憲法に違反するとして、岡山県の20代女性が4日にも、この規定を理由に11月に出産した女児の出生届を不受理にした同県内の市を相手に、女児を原告として330万円の賠償請求訴訟を岡山地裁倉敷 …
離婚後300日規定って??
民法772条「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する。 裁判で前夫が現夫の子などと認めれば覆るが、協力を得られないことなどから戸籍に記載されない子供(無戸籍児)が存在し、社会問題化している。 規定に関しては、法務省通達で昨年5月 …
宗教政党よりカルトな自民党ってどうなのよ – 解決不能
離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」とみなす民法規定の見直し問題で、自民党の中川昭一、公明党の斉藤鉄夫両政調会長が13日会談し、与党プロジェクトチームが作成している特例新法に関し、時間をかけて議論を続けていくことで一致した。 …
離婚後300日規定
民法には、女性に限り離婚後300日は再婚できないという規定が存在し、また離婚後300日以内に生まれた子供は、前夫の「子」と推定するという規定が存在します。
法律とDNA鑑定: 夫婦別姓を待つ身の溜息
面白いなと思ったのは300日問題との対比です。昨年、民法における嫡出推定、いわゆる「300日規定」として離婚後に女性が妊娠した子どもの父親をどうするかが問題になりました。 現行法では離婚後300日以内に生まれた子どもは離婚前の夫の子と推定する …
再婚期間が100日に短縮か。 税務の片隅で。/ウェブリブログ
ただ、民法772条1項は「離婚後300日以内は前夫の子」と推定し、2項では「婚姻成立後200日以降に出生した子を現夫の子」と推定する。この両規定の推定が重ならないようにするためには、再婚禁止期間は300日と200日の差の「100日」で …
「離婚後300日規定」が何? どうした?
民法772条の離婚後300日規定で無戸籍であった女性が妊娠、生まれてくる子がまた無戸籍になる恐れがある。これに対し、鳩山法相は「お子さんの福利、福祉、安定のために特別な計らいが出来なければいけない」と言っているが、あくまでも建前。 「離婚後300 …
「離婚後300日は前夫の子」規定、医師証明で再婚夫の子に
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20070325AT3S2400G24032007.html 「離婚後300日は前夫の子」規定、医師証明で再婚夫の子に NIKKEI NET:主要ニュース離婚後300日以内に生まれた子は前夫との子とする民法の規定を巡り、法務省は離婚後に妊娠したことを …
無国籍児が増加・・・ – 西岡事務所ブログ
離婚後も300日以内に生まれた子は前夫の子とみなす、という民法772条の規定があります。したがって、離婚後に、現夫の子として出生届をしてもみとめら得ないケースがあり、このように無国籍状態になることがあるのです。 ここで、ちょっといわゆる「未婚 …
離婚後300日以内出産規定
離婚後300日以内出産規定、首相「見直し含め検討」(読売新聞) – goo ニュース 安倍首相は15日、参院厚生労働委員会の少子化問題に関する集中審議で、女性が離婚後300日以内に出産した場合、子供は戸籍上、離婚前の夫の子供になるという民法の規定 …
フィリピン人の待婚期間について | フィリピンに関する出来事
つまり、離婚したフィリピン人女性はこの84条の規定により、300日間は再婚できないということになるわけです。実際に、一部の役所では当然に離婚後300日を経過していないフィリピン人女性の婚姻届(再婚)を受け付けないところがあるようです。 …
いわゆる民法300日規定について
子が離婚後300日以内に生まれている場合でも、前の夫が子を自分の子であると積極的に主張しておらず、且つ母親が子を前の夫の子でないと主張している場合、母親が子の本当の父だと主張しており、且つ子を認知している者が父親とする。 …
法務省が300日規定「見直し」通達
務省は7日、離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」と推定する民法772条の規定について、妊娠したのが離婚後であることを医師が証明すれば「(父を書かない)非嫡出子」または「再婚後の夫の子」として出生届を受理するよう全国の市区町村に通達 …
子供認知の300日規定について
とはいえ、300日規定を変えるのもやっぱりおかしな話。(追記:tonoさまから「300日以降に出産又は、医師の診断書などにより離婚後の妊娠で有ることが確認された場合」とすれば、法の主旨からは外れない」というご指摘を頂きましたが、その通りと思い …
「離婚後300日は前夫の子」規定見直しの行方
離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子とする民法の規定が見直されようとしている。遅過ぎたとも思えるが、前進には違いない。法務省は、民法見直しとは別枠で、離婚後独身の場合は父親を明示しない非嫡出子として届出ることを認めるようだが。 …
「離婚後出生300日」規定見直しがパーに?
離婚後300日以内に母親から生まれた子供は前夫との子とみなすという古くからある民法の規定を見直す動きが、結局自民党のフルアタマ政治屋たちの反対で立ち消えることになりそうだ。つい最近、3月21日の私のこのブログでも触れた問題だ。 …
離婚後300日以内出産規定の見直し検討
女性が離婚後300日以内に出産した場合、 子供は戸籍上、離婚前の夫の子供になるという民法の規定(第772条) 100年以上前、DNA鑑定なんて夢物語で男尊女卑の風潮の中で存在した法律。 これが元で未だに戸籍上父親欄が空白だったり違う男の …
民法772条、300日規定見直しで議論
9月11日、いとう渉は公明党法務部会と民法772条問題対策ptの合同会議に出席し、離婚後300日以内に生まれた子を前夫の子と推定する民法772条の「300日規定」問題について議論しました。 この問題で自民、公明の与党両党は3月28日、同規定が原因で離婚後300 …
いわゆる離婚後300日問題
ということにはちょっと「疎い」。 調べてみたら,. 「父母の離婚後300日以内に生まれた子は,. 父母の婚姻解消当時の戸籍に入る」. 離婚後に生まれた推定嫡出子については,. いったん父母双方の最終戸籍に同籍させる取り扱いだということ。 つまり, … 推定規定が働いているため。 推定に反する届出は受理してくれません。 前夫との関わりを避けたい母親は出生届を提出しません。 その結果として戸籍のない子どもがいるという問題です。 posted by tsuruoka at 21:07| 日記・記事 …
いわゆる「離婚後300日規定」問題
たまには社会で話題になっている問題について扱ってみたりする。(少しはカウンターも早く回るかなとか)
離婚後300日規定
当ブログのアクセス履歴を見ますと、午後2時?午後4時の時間帯に、大きな波があります{%biglobewebry%}
「離婚後300日」の規定、再考を
離婚後300日以内に産まれた子供は前夫の子だという民法の規定で問題が起きている。 通常は母体に十月十日いるという医学的なことからこの300日が決定されたのだろうが、現代社会にはすでに合わないのではないだろうか。 300日という数字自体は …
300日規定理由の無戸籍児、行政サービスと厚労省通知 …
『離婚後300日以内に出産した場合は前の夫の子供と推定する』規程の見直しは国会でもかなり難航しているようですが、とりあえずは実務上の不利益を蒙ることのないように通知を出し直して、実際に子供やその子供を育てている方が不利益を受けることを極力 …
離婚後300日以内出産規定、「見直し含め検討」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070215-00000505-yom-pol 要約:首相が、女性が離婚後300日以内に出産した場合、子供は戸籍上、離婚前の夫の…
ここギコ!: 嫡出推定の意義は判ったがそれにより切り捨てられる部分を …
離婚後300日規定の話にしたって、実際に暴力絡みとかで前夫と別れたために非協力的で、子供が戸籍を取れず(父の欄が空欄になるどころの騒ぎではない)、乳児医療制度すら受けられないケースもあるわけですよね。 全く子の権利を守る方向で考えられている …
民法第772条 様々なケース その2 労働、社会問題/ウェブリブログ
毎日新聞の連載「離婚後300日規定 こう考える >2<」で榊原富士子さんとおっしゃる弁護士の方が、父親欄を空欄にした出生届を認めて欲しいとおっしゃっています。おそらく、母親の選択により、父親の推定を行わないということを想定されているので …
【悲劇】無国籍の日本人 社会の出来事への思い/ウェブリブログ
DV(ドメスティックバイオレンス)被害者と警察が認定したことを示す書類を提出したケースで、他に離婚後300日規定による無戸籍児にも住民票を作成していた。区は「無戸籍は親の事情で生じており、子供の立場を考えた措置」と説明している。 …
300日規定に救済措置
離婚後300日問題(りこんご─にちもんだい)とは、日本の民法(明治29年法律第89号)第772条の規定およびこれに関する戸籍上の扱いのため、離婚後300日以内に生まれた子が前夫の子と推定されてしまうこと、あるいはそのことにより生じる問題をいう。300日 …
矢口真里なんだ えらい!! – ポポンの頭痛いよー日記 – Yahoo!ブログ
同9月に夫の家庭内暴力民法の離婚後300日規定は民法772条は弁護団は、300日規定の違憲性を問う訴訟は全国初としている。 法務省は07年5月、離婚後妊娠に限り300日以内でも前夫以外PR(矢口真里) …
くどいようですが民法772条(親子関係の推定) 厭債害債(或は余は如何 …
大阪地検が、「女性が離婚後300日以内に出産した場合、子供は戸籍上、離婚前の夫の子供になる」と定めた民法772条の規定を見落とし、本来、罪に問えない中国人女性(28)を公正証書原本不実記載・同行使罪で起訴していたことがわかった。 …
羽衣縷紅草: オラ ケタル
今日本では、民法の規定に従って離婚後300日以内に出産した子どもは前夫の子どもになるため、それを嫌って無国籍になった子どもが127人以上いると言われている。 ひと昔前ならいざ知らず、DNA鑑定がこれほど定着した世の中。この法律は時代遅れの感が …
これはひどい観念論者ですね – 猿゛虎゛日記(ざるどらにっき)
民法772条の「離婚後300日以内に生まれた子は前の夫の子とする」といういわゆる「300日規定」のため、子供が無戸籍になってしまうケースがある。いわゆる無戸籍児の問題である。 戸籍制度というもの自体が差別だが、この300日規定なるものは、明治 …
「300日規定」による 無戸籍の子の救済前進
離婚後300日以内に生まれた子を前の夫の子と推定するなどとした、民法772条の「300日規定」によって無戸籍になっている子どもたちの、戸籍や住民票の記載に関する救済措置が大きく前進している。 現行法では「300日規定」に当てはまる子ども …
民法第772条300日規定・・・法改正見送りは愚の骨頂!
「300日規定」めぐり平行線・長勢法相らが協議 長勢甚遠法相は9日、民法772条の「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」とする規定を巡り、与党民法見直しプロジェクトチームの早川忠孝座長らと協議した。双方は離婚前に妊娠した場合も再婚した夫の子 …
<300日規定>無戸籍女性が男児出産 法務省、対応検討へ
5月30日2時32分配信 毎日新聞記事より抜粋離婚後300日規定により無戸籍となった兵庫県に住む女性(27)が29日、県内の病院で男児を出産しました。 戸籍法は出生届に母親(女性)の本籍地記載を義務付けており、現状では子供も出生届が受理されず無戸籍に …
la_causette: 民法772条
「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と推定する民法772条の規定を議員立法で見直そうとする与党プロジェクトチーム(PT)の動きに対し、長勢法相は6日の閣議後会見で「性道徳や貞操義務についても考えないとならない」と述べた。 …
【日替わり時事解説~300日規定見直し~】
離婚後300日以内に生まれた子どもは前の夫の子と推定する民法772条の規定の見直しは結局先送りとなりました。というのも、改正案に離婚成立前の妊娠も新しい夫との子として救済する規定を盛り込もうとした自民党プロジェクトチーム案に保守派が反発 …
同時に改正すべき問題があるのでは? 「女性の“再婚”も、離婚後6ヶ月間 …
離婚後300日以内出産規定、首相「見直し含め検討」2月15日14時52分配信 読売新聞 安倍首相は15日、参院厚生労働委員会の少子化問題に関する集中審議で、女性が離婚後300日以内に出産した場合、子供は戸籍上、離婚前の夫の子供になるという民法の …
離婚後300日問題 | [備忘ログ]
今問題になっている300日問題の条文は「推定する」となっている。報道では『「離婚から300日以内に誕生した子は前夫の子」とする民法772条の規定について』と書かれている事が多いが,これは「みなす」と混同している感じがする。 …
300日規定
婚姻の成立の日から200日を経過した後または婚姻の解消もしくは取り消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する、離婚後300日規定。 出生が離婚後300日以内だった場合は前夫の子として届けなければならず、実際の父親の子 …
離婚後265日で生まれた男児 無戸籍1年: LUNE(リュヌ)の日記
井戸さんの子どもをめぐる経緯 ◇裁判で認知 離婚後300日以内に生まれた子は「前夫の子」とする民法の規定を覆し、神戸市東灘区の井戸正枝さん(41)=兵庫県議=は、裁判を経て我が子を「現夫の子」にした。 さいたま市で生まれて2年たつのに戸籍 …
私の親は誰? – つれづれ寸評
民法の規定ではこうです。 第772条 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。 2 婚姻の成立の日から200日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。 … 読売新聞で明らかになった 改正案では、離婚後300日以内に生まれた子どもについては、「〈1〉母親が懐妊時期に前夫と事実上の離婚状態だったことを公証人の前で宣誓し、陳述書を作成する〈2〉前夫か母親の親族らが同趣旨の陳述書を作成する〈3〉これらの陳述書を市町村などに …
300日規定問題
「300日規定問題というのがあるそうだね」 「3分規定というのは聞いたことがあるけど。『三分以内に拾ったものは、清潔なものと推定する』という規定だね」 「それは不二家。『離婚後300日以内に誕生した子は前夫の子』というのが民法にあるんだ。 …
母子家庭注目のニュース?戸籍のない子ども? : 母子家庭支援ブログ
民法772条>検診など考慮し女児に住民票 東京・足立区「離婚後300日以内に誕生した子は前夫の子」とする民法772条の規定で出生届が受理されていない状態の今月生まれた子供に対して、東京都足立区が、住民票を作成したことが分かった。 …
300日規定の見直し
日経 4月6日 離婚後妊娠、医師証明で出生届・法相「300日規定」見直し. 通達の詳細は、出てみなければわかりませんが、法の解釈に当たっての取り扱いについての文書ですから、「前夫、母親、現夫の3者による確認書が提出されている場合に限っては、前夫を …
離婚後300日後に生まれた子供は前夫が権利を持つby民法
離婚後300日規定:来月14日に判決??地裁 /岡山離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子とする民法の規定は「法の下の平等」を定めた憲法に違反するとして、総社市の女性が現夫との間に生まれた女児を原告に、国と市に賠償を求めた訴訟が3日、 …
法務省が300日規定「見直し」通達
今日の日経新聞から気になるニュースを一つ・・・ 離婚後の妊娠救済、法務省が300日規定「見直し」通達務省は7日、離婚後300日以内に生まれた子を「前夫の子」と推定する民法772条の規定について、妊娠したのが離婚後であることを医師が証明すれば「(父 …
新しい時代に300日問題の考え方
また民法第733条2項に「女は、前婚の解消又は取消しの日から6箇月を経過した後でなければ再婚をすることができない」との規定もある(再婚禁止期間)。これら民法の規定は明治29年に制定されたものが今も生きている。このため、離婚後300日以内に生まれた …
ダメダメ民法772条とDNA鑑定必須化: スタヤーチ 激穏・硬軟・甘辛ブログ
いまごろのように気がついたのですが、『東京ラブレター』というラジオ番組で、 民法改正のこと(300日規定、選択別姓、婚外子)が取り上げられていました。 2008年3月28日放送の、Vol. 11です。 「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子? …
離婚前妊娠などもってのほか ジェンダー論を敵視するおじさんたち …
離婚件数の増加にともない、離婚が成立する前に、または離婚後300日までに、前夫ではない新しい夫との子どもを生む女性が増えても不思議でない。その子どもたちは現実には、新しい夫との子であるのに、民法772条の規定にしたがえば、その子どもは「前夫の …
離婚後300日は前夫の子で本当にいいのか?
民法の離婚後300日規定、法相が見直し含め検討の考え(朝日新聞) – goo ニュース夫の子なのに「前夫の子」 民法規定に改正求める声(朝日新聞) – goo ニュースこの出来事は大きく2つの問題を含んでいる。 一つは、離婚後300日は前夫の子供であるという規定 …
民法300日規定、女性の「違憲」訴え棄却
離婚後300日以内に生まれた子は「前夫の子」と推定する民法の規定をもとに、岡山県総社市が出生届の受理を拒否したのは、法の下の平等を定めた憲法に反するなどとして、市内の20歳代の女性が国と市を相手取り330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決 …
検察官が民法772条第2項を調べることができなかった事例 Transition …
2007年(平成19年)2月16日金曜日21時(午後9時)28分配信 毎日新聞 「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」 とする民法772条の規定通り、 離婚5カ月後に生まれた男児を「前夫の子」として 出生を届け出た中国籍の女性(28)が、 …
ふざけるのもいい加減にしてください 知能指数向上委員会/ウェブリブログ
国は6月から、離婚後300日規定への対応で戸籍がなくても旅券が発給できるように改めたが、法律上の姓の記載などが条件づけられた。少女の場合は出生時に母と前夫との離婚が成立しておらず、法律上の姓が前夫の姓となるため、支援者らと集めた1 …
民法772条の問題点について ~法律改正をしよう~
離婚後、ちょうど300日後に離婚した夫の子どもが生まれて、この規定があって助かったということを聞いたことがあります。確かに、もし一日遅れて子どもが生まれていたら、父親の推定規定はなく、母親は、父親に対して、こどもは別れた夫の子どもであると …
虚飾の「情」に訴えるフェミ論法に惑わされるな –離婚後300日以内 …
離婚後300日以内に生まれた子が前夫の子となる「嫡出推定」の規定を巡り、議論が活発化している。しかしこれに関する民法の改正が、夫婦別姓などと同様の家族破壊のフェミニズムが入り込んでいることが、千葉展正氏のメルマガでも指摘されている。 …
(パチンコ)離婚後300日規定 確信犯
(けして手を抜いているわけでは・・ 汗) 帰りは パチンコ ●アクエリオン スロット ●哲也 ●超お父さん2 ●CANスロ ●スーパービンゴ 等の新装したお店を視察してきました 新中野とか笹塚とか中野新町とか・・ 満席でクソ忙しいのに 1円も使わず釘見21 …
民法772条改正運動 ー ローカルから世界まで?
「離婚後300日以内に誕生した子は前夫の子」とする民法772条の規定で戸籍のない子供の親たちが6日午前、東京都庁などでパスポートの発給を申請した。npo「親子法改正研究会」(大阪市)の支援で5日から7日まで7都府県計9人が一斉申請し、特例による発給の …
<300日規定>無戸籍女性が男児出産
私は女性なので この離婚後300日規定により無戸籍っつう話はどうしても納得がいきません。 以前の記事はここ 父親は 自分の子供でもないのに認知しないといけない事に納得できるのですか? もし男性で何か感じる人が是非 教えて下さい。 …
無戸籍とパスポート – good2nd
いわゆる「300日規定」を定めているのが民法772条で、前夫との親子関係がないことが確定しないかぎりは、離婚後300日以内に生まれた子どもは前夫の子と推定するというものです。これについてはすでに色々議論されているとおりです。 …
「300日規定」について
「300日規定は違憲」提訴へ 出生届不受理めぐり(朝日新聞) 離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する民法772条をもとに、出生届が不受理とされたのは「法の下の平等」に反し違憲として、岡山県総社市の20代の女性が11月に生まれた女児を原告 …
Social tagging:

Comments are closed.